毛髪培養による発毛の実用可能性

発毛を行うという際にはもともと毛髪になる細胞が必要になります。
その培養を行って移植を行うことにより自然にのびる毛髪を作り出すというのは合理的な考え方でしょう。
類似した方法によって行われているのが自毛植毛であり、毛髪を主に後頭部から移植することによって自然にのびる毛髪を好きなところに植えこむことができます。
しかし、この方法では移植できる毛髪の本数に限度があるという問題があり、新しく植えた毛髪がまた脱毛して生えてこなくなってしまったらついには移植できる毛髪がなくなってしまうのです。
こういった方法で発毛を促していくためには毛髪を増やすことが必要であり、毛髪になる細胞を培養して増やすということが欠かせません。
その技術さえ確立されれば理論的には毛髪培養による発毛は実用化できる可能性があります。
iPS細胞の培養技術が確立されたことからも想像できるように、発毛のために必要となる細胞を育てるということは不可能ではないと期待できるでしょう。
実際に大手企業すら毛髪培養に乗り出している現状があり、薄毛治療を行いたいという人が多いからこそ大きな市場として注目を浴びています。
10年後の未来には実現できている可能性もあるのです。