育毛剤で男性ホルモンを抑制する成分

薄毛の進行を引き起こしてしまう男性ホルモンはテストストロンと呼ばれる成分が、酵素の一種である5αリダクターゼと結合することで、ジヒドロテストストロンになります。
これは毛乳頭で男性ホルモンレセプターと結合して退行誘導因子を増やすことになり、これが毛乳頭の増殖を制御し結果、毛母細胞の活性を抑制して薄毛へと繋がります。
また退行誘導因子とは髪のサイクルを乱し成長期である期間を短くしてしまい、後退期に移り変わります。
つまりは成長していない髪を脱毛へと促進させてしまうんです。
男性ホルモンはAGAの原因ともされています。
AGAにより薄毛進行してしまう方はそれらを抑制することが不可欠で、育毛剤などを使用することになりますが、制御させる成分で人気があるのはフィナステリドなどがあります。
これは医師との相談でも良く見られます。
5αリダクターゼを阻害しAGAによる脱毛を防いでくれますが、ただこの薬は男性用のものとなります。
またこの育毛剤は副作用が見られるので注意も必要です。
この育毛剤を使用される際、効果が持続されるとされていますが、肝臓負担の増加も気になるところです。
えすからフィナステリドを使用することを躊躇ってしまうことも多いようです。