aga治療は皮膚科の薬だけでは十分じゃない!?

男性に多い若ハゲ。
徐々に毛が薄くなっていく男性は多いですが、20代や30代でも禿に悩んでいる人は多いです。
そんな人たちの救世主であるのはAGA治療。
僕のAGA治療体験記|ハゲに効果があったのは結局コレでしたって具合で、最近ではCMでも見かけるようになりましたね。
AGA治療を行うことで抜け毛を防ぎ、新しい毛をはやすことができるといわれています。
しかし、治療をするためには当然お金がかかります。
髪の毛はお金に換えられないと思っても、せっかく支払うのでしたら、効果のある治療をしたいですよね。
AGA治療を受けられるのは皮膚科、もしくはAGA治療専門の皮膚科やクリニックです。
専門機関へ行かないと治療ができないと考えている人は案外多いですが、皮膚科でも治療を行うことができます。
では、いったい何が違うのでしょうか。
まず一つ目に考えられるのが、医師の知識の差です。
お医者さんには、当然、得意分野があります。
皮膚科ということで、他の専門医に比べればAGAに関する知識はあるかもしれません。
しかし、通常の皮膚科医とAGA専門のクリニックの医師では、その知識の差は歴然です。
AGA専門機関では、当然AGA治療を頻繁に行っていますので、経験値が違います。
もう一つ違うのが、薬です。
aga治療の薬は、皮膚科で処方される薬で十分とは言えません。
通常、皮膚科で処方されるのはプロペシアという髪の毛が抜け落ちるのを防ぐための薬です。
AGAの原因物質である、DHTの発生を阻害するのです。
これでハゲの進行はおさえられるかもしれません。
クリニックとの違いは、クリニックでは新たに毛をはやすための薬も処方してくれるという点です。
クリニックでは、発毛薬や発毛のための施術を受けることができます。
抜け毛を抑えるだけではいつまでもハゲている状態です。
AGA治療を受ける人のほとんどは、ハゲを治したいと思っているはずです。
ハゲを何とかしたければ、AGA専門のクリニックに通ったほうが良いでしょう。
ただし、AGA治療は自由診療です。
つまり、保険が適用されないため、高額の医療費がかかります。
美容のための治療ですので、当然といえば当然です。
プロペシアだけでも、月々5000円以上かかります。
そこへ、発毛剤や発毛のための施術を受けるとなると、かなりの金額が必要です。
自分がハゲるかどうかということは、ある程度遺伝でわかるかもしれません。
ハゲそうだなと思ったら、ハゲる前に治療を開始するというのもいいかもしれません。
一度抜けてしまった毛はなかなか元に戻りませんので、抜けないように予防する方が簡単かもしれません。