agaでは後頭部や側頭部が禿げにくい

男性型脱毛症agaは前頭部の生え際後退や頭頂部が局所的に禿げていく特徴があり、進行性の脱毛症状ですから、一気に脱毛するというよりも何年かかけて段々と抜けていく傾向があります。
agaによって禿げた人でも、後頭部や側頭部に毛髪が残っている方が多く、これはagaの外見的な特徴とも言えるものであり、後頭部や側頭部には男性ホルモンが脱毛ホルモンに変わるレセプターというものが殆ど無く、前頭部や頭頂部に集中している傾向にあるのです。
ですからこうした特徴的な部位が抜けていく事になり、最後まで側頭部辺りには毛が残る事になりますし、自毛植毛でもこの辺りの毛髪は活用される事になります。
植毛時に後頭部や側頭部にある健康な毛根毎移植する方法によって、自毛植毛を行えるようになりますが、そうすると前頭部や頭頂部からも毛髪が自然に生えてくる事になるのです。
部位によって禿げ方や禿げやすさというものは違うという事であり、いずれにしても初期段階で進行が進まない間に治療を行う事が有効と言えます。
前頭部や頭頂部の抜け毛が目立ってきたと感じた場合には、専門のクリニックの門を叩いて相談を行い、適切な治療方法によって進めていくと良いです。